ブログ|Winebar Vinvino

オフィシャルブログ

ドメーヌ アルロー ブルゴーニュ ロンスヴィ 垂直テイスティング

image0.jpeg

ドメーヌ アルロー 垂直テイスティング

モレ・サン・ドニ村に本拠を置く由緒あるドメーヌ。今や、フランス国内だけでなく、ロバート・パーカ氏やイギリスのワイン ジャーナリストも注目する若手筆頭株。
今回はこのドメーヌ アルロー ペール エフェスが作るブルゴーニュ ロンスヴィの垂直テイスティングを開催いたします。また、現状を考えましてお店で飲まれるのが不安な方もいらっしゃるかと思いますのでお持ち帰りでも対応しようかと思います。日程に関しても通常であれば抜栓しその日だけのイベントとして開催しておりますが、今回は下記、日程よりなくなり次第終了という方を取らせていただきます。(提供はコラヴァンを使用いたします。)
ぜひ、イベントにご参加くださいませ!
日程:11月6日〜
定員:7名
価格:5,500円(店内)
   4,000円(量り売り)  共に税込
提供アイテム:
ブルゴーニュ ロンスヴィ 2016,2017,2018
(各90ml程度)

ブルゴーニュ ロンスヴィについて


ブルゴーニュ ロンスヴィはジュヴレ・シャンベルタン村にある10haの畑の区画です。グランクリュ、シャンベルタンの区画 から国道74へ下ったところに位置しており、5haが村名ワイン で、残りの5haがAC ブルゴーニュを名乗れます。ドメーヌ アルローではACブルゴーニュの5haの全てを所有しており、味わいは上記にもあるようにグランクリュ 並みに制限している為、凝縮した赤いベリー系の果実味と長い余韻が楽しめます。

 

ヴィンテージについて


個人的に以前はヴィンテージがその年のワイン の良し悪しを決定づける大きな要因だったのではないかなと思いますが、現在は選果や醸造技術などの向上でブドウの収量などには影響はしていると思うのですが、ワイン自体のクオリティを左右する要素ではなくなってきているのかなと感じます。ただ、もちろん毎年、同じクオリティのぶどうができるわけではないので、ヴィンテージに関してはその年の個性なのかなと思います。

 

2016年

過去20年来最低の収穫量と言われている年。収穫量は非常に少なかったようですが、最終的に収穫できたブドウのできはよかったようです。生産者さんにもよるようですが、いいワインができているようです。長期熟成にも耐えうるとおっしゃっている方もいますね。

 

2017年

1945年以来、フランス全体のブドウの終了が過去最低になったようですが、ブルゴーニュだけは昨年度より12%程度収穫量が増え、平均程度の収穫ができた年のようです。収量、ブドウの出来と共に良い年だったようです。ただ、不作だった翌年は性質としてブドウを多く実らせるようでこの辺をきちんと管理していないと薄い味で水っぽいワインができるので、きちんと管理している生産者と例年より何もしなくても果実がなるからと手を書けなかった生産者でワインのクオリティが2極化するのではないかとおっしゃっている方もいるようです。

 

2018年

2018年は暑く乾燥した年だったようです。収量、ブドウの出来、ともによかったようです。2009年に似ているとも言われていますね。2019年もいい出来のようですが、2018年の方が早い時期から飲めるようです。

 

臨時休業

弘前市により休業要請に伴い、当店は2020年10月20日〜31日までお休みをいただきます。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

10月の営業日のご案内。 / Operation days on October

すでに10月に入ってしまいましたが、下記の日程でお休みをいただきます。

10月6日(火)

10月12日(月)

10月13日(火)

上記以外の日は基本的に17:00より営業いたします。
14日のみ19:00からの営業となりますので、ご了承くださいませ。

今月も色々とワインご用意しておりますので、お気軽に遊びにきてください!
皆様のお帰りを心よりお待ちしております。

 

ジョルジュ ルーミエ シャンボールミュジニー 垂直テイスティング

image0.jpeg
 シャンボールミュジニー を代表する作り手であるジョルジュルーミエ 。
 3代目であるクリストフの代から評価が高まり、トップクラスの生産者となりました。
 某漫画の第一の使徒としてこちらの生産者のシャンボールミュジニーの1級畑であるレ・ザムルーズが取り扱われていました。
 そんなルーミエ の村名ですが、シャンボールミュジニー の垂直テイスティングを下記の通り行いたいと思います。
 村名シャンボールミュジニー でさえなかなか手に入りずらい状態ですが、たまたま手に入ったのでせっかくなら皆様にも試していただきたく、開催することといたしました。
お忙しいとは思いますが是非、ふるってご参加くださいませ。
メール、電話にてご予約承ります!ご連絡お待ちしております。
.
.
.

 

ジョルジュルーミエ  シャンボールミュジニー 垂直テイスティング
日時:2020年10月10日(土)
時間:17:00以降でお好きな時間でお越しください。
   (万が一、カウンターが満席の場合フリースペースへのご案内になる場合がございます。)
料金:17,000円(税込)
定員:14名
提供アイテム
  ジョルジュ・ルーミエ シャンボールミュジニー      2009
     ジョルジュ・ルーミエ シャンボールミュジニー      2011
     ジョルジュ・ルーミエ シャンボールミュジニー     2017
   各50ml程度
※ワインのコンディション等の問題により、予告なくアイテムの変更、中止する場合がございます。ご了承くださいませ。
※コロナウィルス感染症の対策として、高熱、体調不良などございましたらご遠慮ください。

9月15日までの営業日のご案内 / Operation days until 15th of September

9月15日までのお休みの日をご案内させていただきます。

色々とご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

9月8日(火)

9月13日(日)

9月15日(火)

9月後半はお休みなく営業する予定ですが、参加する可能性があるイベントがあり開催するかしないかがまだ正式に決まっていないので、決まり次第、ご案内させていただきます。

9月も色々なワインをご用意しておりますので、ぜひ遊びに来てください!

 

臨時休業のお知らせ

突然ではございますが、本日、8月18日(火)は私事都合でお休みをいただきます。

明日以降、改めてお待ちしております。

レオヴィル3兄弟 並行テイスティング

image0.jpeg
レオヴィル 3兄弟 2008 平行テイスティング
かつてはボルドー、サンジュリアンの同じ畑だったこの3種類のワイン。
2008年ヴィンテージが3種類揃いましたので、飲み比べをしたいなと思います!
詳細は下記の通りです。健康状態に気をつけながら是非、ご参加ください!お待ちしております。
日時:2020年8月28日(金)17:00~
料金:10,000円(税込)
定員:11名
提供予定アイテム
Ch.レオヴィル ラスカーズ 2008
Ch.レオヴィル バルトン 2008
Ch.レオヴィル  ポワフェレ 2008
各 60ml程度
*コロナウィルル対策として入店時アルコール消毒お願いいたします。また、体調がすぐれない、熱があるなどの場合はご参加をお控えいただきます。
*ワインのコンディション等の関係で事前に案内なくアイテムの変更等する場合がございますので、ご了承くださいませ。
*ワインの抜栓は当日16時頃を予定しております。17:00以降お好きな時間にお越しいただきワインをお楽しみくださいませ。

8月の営業日のご案内 / Operation days on August

すでに8月に入ってしまいましたが、今月の営業日のご案内です。

8月は

8月30日(日)お休みをいただきます。

現時点では他の日は通常通り営業する予定です。

皆様のご来店、お待ちしております!!

*コロナウィルスなどの諸事情により急遽変更する場合がございますので、ご了承くださいませ。

 

ガヤ バルバレスコ テイスティング ご来店ありがとうございます! / Thank you for coming Gaja Event!

image0_3.jpeg image1.jpeg image2.jpeg image4.jpeg

先日、北イタリア、ピエモンテのワイン、バルバレスコ。イタリアワインの帝王とも言われるGaja(ガヤ)。そのフラグシップでもある、DOCG バルバレスコ。

今回は1999,2000,2004を垂直テイスティングで開催させていただきました。今のような状況でもお越しいただけて非常にありがたく、感謝しかございません。

当然自分も皆様がいらっしゃる前にテイスティングさせていただきましたが、味が安定していて(もちろん美味しい)熟成による変化を楽しめるなーと感じました。2004は他の2ヴィンテージよりは酸味が強いなと感じましたが、飲めます。あと数年熟成させたらより美味しいのかなーなんて思いました。

1999,2000年ももちろん熟成しているのですが、まだまだ若々しさがあって活き活きしてる印象でした。両年ともいい年だったようなのでまだまだポテンシャルを感じますね。

今後もいろんなワインのイベントをやろうと思うのでお忙しいとは思いますが、ぜひご参加くださいね!!

本当にありがとうございました!

シャルドネ / Chardonnay

本日はシャルドネについて少し掘り下げて見たいと思います。

シャルドネとは


シャルドネは白ブドウ用ぶどう品種で果皮が緑色になります。白ワイン用ぶどう品種の代表の一つです。フランス東部ブルゴーニュ地方原産でマコネにあるシャルドネ村で生まれたという説もあります。

シャルドネの誕生には諸説ありましたが、遺伝子学の研究の結果、ピノ系品種とグエ ブラン品種の自然交配で誕生したことがわかったようです。

他のぶどう品種は香りや味わいに特徴があり、判別する材料がありましたが、シャルドネは「際立った特徴がないのが特徴」ではないかと思います。よくいえばフラットな品種ではないでしょうか。気候、土壌、生産者の作り方により柔軟に香り、味わいが変化します。

 

主な生産地


世界中で生産されているシャルドネですが、主な生産地はフランスのブルゴーニュ地方とシャンパーニュ地方、アメリカのカルフォルニア州、そしてチリなどです。

フランスのブルゴーニュ地方ですと、「シャブリ」、「モンラッシェ」、「コルトンシャルルマーニュ」、「ムルソー」などが有名ですね。

シャンパーニュ地方ですと、コート・デ・ブラン地区(白い丘という意味)のシャルドネが評価が高いです。白ぶどうのみで作ったシャンパンを「ブラン ド ブラン」と言います。

 

アメリカですと主にカルフォルニア州で作られているものが多いです。オレゴンで作られたシャルドネ評価が高いものもありますね。

 

樽で熟成させたり、マロラクティック発酵を使用したり、きりっとシャープな味わいのものから、コクのあるまろやかなタイプまで作られているシャルドネ。みなさんはどう行ったタイプのシャルドネのワインがお好みですか?