ブログ|Winebar Vinvino

オフィシャルブログ

レオヴィル3兄弟 並行テイスティング

image0.jpeg
レオヴィル 3兄弟 2008 平行テイスティング
かつてはボルドー、サンジュリアンの同じ畑だったこの3種類のワイン。
2008年ヴィンテージが3種類揃いましたので、飲み比べをしたいなと思います!
詳細は下記の通りです。健康状態に気をつけながら是非、ご参加ください!お待ちしております。
日時:2020年8月28日(金)17:00~
料金:10,000円(税込)
定員:11名
提供予定アイテム
Ch.レオヴィル ラスカーズ 2008
Ch.レオヴィル バルトン 2008
Ch.レオヴィル  ポワフェレ 2008
各 60ml程度
*コロナウィルル対策として入店時アルコール消毒お願いいたします。また、体調がすぐれない、熱があるなどの場合はご参加をお控えいただきます。
*ワインのコンディション等の関係で事前に案内なくアイテムの変更等する場合がございますので、ご了承くださいませ。
*ワインの抜栓は当日16時頃を予定しております。17:00以降お好きな時間にお越しいただきワインをお楽しみくださいませ。

8月の営業日のご案内 / Operation days on August

すでに8月に入ってしまいましたが、今月の営業日のご案内です。

8月は

8月30日(日)お休みをいただきます。

現時点では他の日は通常通り営業する予定です。

皆様のご来店、お待ちしております!!

*コロナウィルスなどの諸事情により急遽変更する場合がございますので、ご了承くださいませ。

 

ガヤ バルバレスコ テイスティング ご来店ありがとうございます! / Thank you for coming Gaja Event!

image0_3.jpeg image1.jpeg image2.jpeg image4.jpeg

先日、北イタリア、ピエモンテのワイン、バルバレスコ。イタリアワインの帝王とも言われるGaja(ガヤ)。そのフラグシップでもある、DOCG バルバレスコ。

今回は1999,2000,2004を垂直テイスティングで開催させていただきました。今のような状況でもお越しいただけて非常にありがたく、感謝しかございません。

当然自分も皆様がいらっしゃる前にテイスティングさせていただきましたが、味が安定していて(もちろん美味しい)熟成による変化を楽しめるなーと感じました。2004は他の2ヴィンテージよりは酸味が強いなと感じましたが、飲めます。あと数年熟成させたらより美味しいのかなーなんて思いました。

1999,2000年ももちろん熟成しているのですが、まだまだ若々しさがあって活き活きしてる印象でした。両年ともいい年だったようなのでまだまだポテンシャルを感じますね。

今後もいろんなワインのイベントをやろうと思うのでお忙しいとは思いますが、ぜひご参加くださいね!!

本当にありがとうございました!

シャルドネ / Chardonnay

本日はシャルドネについて少し掘り下げて見たいと思います。

シャルドネとは


シャルドネは白ブドウ用ぶどう品種で果皮が緑色になります。白ワイン用ぶどう品種の代表の一つです。フランス東部ブルゴーニュ地方原産でマコネにあるシャルドネ村で生まれたという説もあります。

シャルドネの誕生には諸説ありましたが、遺伝子学の研究の結果、ピノ系品種とグエ ブラン品種の自然交配で誕生したことがわかったようです。

他のぶどう品種は香りや味わいに特徴があり、判別する材料がありましたが、シャルドネは「際立った特徴がないのが特徴」ではないかと思います。よくいえばフラットな品種ではないでしょうか。気候、土壌、生産者の作り方により柔軟に香り、味わいが変化します。

 

主な生産地


世界中で生産されているシャルドネですが、主な生産地はフランスのブルゴーニュ地方とシャンパーニュ地方、アメリカのカルフォルニア州、そしてチリなどです。

フランスのブルゴーニュ地方ですと、「シャブリ」、「モンラッシェ」、「コルトンシャルルマーニュ」、「ムルソー」などが有名ですね。

シャンパーニュ地方ですと、コート・デ・ブラン地区(白い丘という意味)のシャルドネが評価が高いです。白ぶどうのみで作ったシャンパンを「ブラン ド ブラン」と言います。

 

アメリカですと主にカルフォルニア州で作られているものが多いです。オレゴンで作られたシャルドネ評価が高いものもありますね。

 

樽で熟成させたり、マロラクティック発酵を使用したり、きりっとシャープな味わいのものから、コクのあるまろやかなタイプまで作られているシャルドネ。みなさんはどう行ったタイプのシャルドネのワインがお好みですか?

 

 

ガヤ バルバレスコ 垂直テイスティング / Gaja Barbaresco Vertical Tasting

image0_2.jpeg

Gaja Barbaresco

イタリアワインの帝王として君臨し続けるGaja。「常に最高品質を造る&ワールドクラス」との信念のもと、ベストを尽くされた渾身のワインをリリースし続けています。

今回はこのガヤのフラグシップでもあるバルバレスコの垂直テイスティングを開催いたします。詳細は下記の通りとなりますので、ぜひご参加くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日程:7月18日(土)

定員:11名

価格:15,000円(税込)

提供アイテム(各60ml程度)

ガヤ バルバレスコ 1999

ガヤ バルバレスコ   2000

ガヤ バルバレスコ   2004

 

※コロナウィルス感染予防の一環としてかだれ横丁入り口で手のアルコール消毒のご協力お願いいたします。また、高熱があるなど体調が優れない場合もお控えくださいませ。

※ワインのコンディション等の理由により事前に予告なく、アイテムの変更などする可能性がございますのでご了承くださいませ。

 

7月の営業日 / Operation days on July

7月の営業日のご案内です。

7月2日(木)

7月5日(日)

7月7日(火)

はお休みをいただきます。

他の日は17:00より通常通り営業しております。皆様のご来店をこころよりお待ちしております。

*コロナウィルス関連などの諸事情により、予告なく営業時間を変更する場合がございますが、ご了承くださいませ。

 

カベルネ・ソーヴィニヨン / Cabernet Sauvignon

今回はカベルネ・ソーヴィニヨンについて少し掘り下げようかなと思います!

カベルネ・ソーヴィニヨンとは


フランス南西部にあるボルドー地方が原産でカベルネ・ソーヴィニヨンは比較的、歴史が浅く17世紀にカベルネ・フランとソーヴィニヨン ・ブランが自然交配した品種となります。19世紀後半まで、カベルネ・フランと混同されていたと考えられています。

耐寒性の強さ、病害や害虫に対する抵抗性の強さといった栽培上の長所がある上に品種特有の個性がワインとして表現しやすいです。なので世界中で作られています。実は中国でも美味しいカベルネ・ソーヴィニヨンのワインがあります。

特徴


比較的温暖な気候で水はけのいい砂礫質土壌が適していて、房は小ぶりな円錐型で果実が熟すのにかかる時間が一般的にカベルネ・フランやメルローよりも1〜2週間長くかかります。


赤紫色など濃い色調が強く黒に近い赤紫に感じるものもあります。まさに「真紅」の何ふさわしいですね。

香り


冷涼な気候ではカシスの様な香りを持ち、杉、ミント、ピーマンの様な香りもあります。

やや温暖な気候では上記にの香りに含めてブラックチェリー、黒オリーブの様な香りも持ち合わせています。

温暖な気候では干しぶどうの様な香りも出て来ます。

 


パワフルでコクのあり、豊かなタンニンと酸味で飲んだ後も余韻が長く続きます。

 

ピノ・ノワール / Pinot Noir

image1.jpeg

本日はピノ・ノワール(Pinot Noir)についてのブログになります!!

ピノ・ノワール。世界のワインラヴァーを魅了するブドウ品種の一つですね。ロマネ・コンティもこのブドウ品種で作られています。今日はピノ・ノワールについて少し掘り下げたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピノ・ノワールとは


フランス、ブルゴーニュ原産の黒ブドウ品種と言われております。4世紀頃にはすでにブルゴーニュで栽培されていたと言われております。

ピノ(Pinot)またピニュー(Pineau)と呼ばれ始める前は、モリヨン(Morillon)、ノイリエン(Noirien)、オーヴェナート(Auvenat)と呼ばれていました。

ピノ・ノワールという言葉が著名な著者の文献に出てくる様になったのは19世紀くらいから(13世紀あたりに初めて出てくる)です。

現在はヨーロッパ諸国、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカなど世界的に栽培面積が広がっています。

 

特徴


ピノ・ノワールはしばしばボルドー品種のカベルネ・ソーヴィニヨンと比較されます。

カベルネ・ソーヴィニヨンは黒く濃い色合いを持ち、タンニンが豊富なワインが作られる傾向があります。

一方、ピノ・ノワールは色合いが淡く、タンニンが優しい、酸度の高いワインとなる傾向にあります。カベルネ・ソーヴィニヨンの方が長期熟成できるというイメージがありますが、ピノ・ノワールの素晴らしい品質、醸造法で作られたものは長年の熟成に耐えうる最高級のワインとなります。

ピノ・ノワールは単一品種で作られる事が多く、ニューワールドや南フランス、シャンパーニュ地方以外などでブレンドされることは稀です。

繊細な香り、風味、味わいがピノ・ノワールの特徴とされているので、スティルワインとして他ブドウ品種と混合される事が少ないみたいです。

さらに暖かすぎる気候の場合は酸が下がりすぎたり、ブドウの皮が非常に薄いため、病害などにも大変弱い品種です。その様なことから栽培する事が大変難しいとされています。

また、石灰質と粘土質がバランスよくブレンドしている土壌である事が重要と言われています。

 

香り


ピノ・ノワールの特徴の香りは赤く小さな果実です。サクランボやイチゴ、ラズベリーといった香りが特徴的であり、スミレなどの香りも呈します。

熟成を経ると、なめし皮を思わせる動物的な香りを放ち、紅茶や下草などの香りも出てきます。

タンニンが柔らかいため、飲み口は大変なめらかですが、程よいタンニンと酸味が果実味を引き締めます。

 

醸造


醸造法によってスタイルを大きく変化させらる品種として知られています。ピノ・ノワールは単にが少ないことから、除梗をしない全房発酵が用いられる事があります。

酸度が下がり、さらに雑味が出るリスクがありますが、複雑性が生まれ他にはないユニークな味わいになります。

有名なドメーヌなどは全房発酵を取り入れており、ヴィンテージによってその比率を変化させている様です。

ピノ・ノワールは繊細な飲み口と香りが重要になる為、含まれている香りの成分を揮発させすぎないために低温で仕込まれるのが一般的です。

味わいに複雑性を出すためにピシャージュと呼ばれる、果汁に果皮と種子の成分を抽出する作業が多く行われますが、近年の傾向ではピシャージュをし過ぎない洗練された味わいを目指す生産者が増加しています。

 

image2.jpeg

image2.jpeg

image0.jpeg

image0.jpeg

ジュリアン ブロカール シャブリ飲み比べ / Julien Broard Chabli Tasting

ドーヴィサやラヴノーと並ぶシャブリのトップドメーヌ

ジュリアン ブロカールのシャブリ4種類の飲み比べをいたします!!

下記の日程で4アイテムのご用意の予定です。お時間ありましたらぜひご参加ください!

詳細は下記の通りです。

日時:6月20日(土)

料金:6,000円(税込)

定員:11名

提供予定アイテム:シャブリ グランクリュ  レ ・プリュス 2018

シャブリ 1erクリュ ヴォー ド ヴェイ 2018

シャブリ    1erクリュ コート ド  レ シェ 2018
シャブリ ドメーヌ ド ラ ボワッソヌーズ 2018

各60ml程度

 

ジュリアン ブロカール / Julien Brocard


1997年に父、ジャン・マルクから今やシャブリで最も偉大な生産者となったドメーヌを引き継ぎ、2代目として担うジュリアン。

ブドウが自然な状態を保つことを何より第一に考える彼が引き継ぎと同時に立ち上げたもう一つのドメーヌが「ジュリアン ブロカール」

ビオディナビを積極的に取り入れ、栽培、テロワールの表現から醸造の段階まで徹底的に管理し、2012年に初リリースになります。

 

遅くなりましたが6月の営業日 / Operation day on June

ワインバー ヴァンビーノ 6月の営業日のご案内です。

7日(日)、8日(月)はお休みをいただきます。

他の日は17:00から通常通り営業しておりますが、

しばらくは席数を少し減らしておりますのでご了承くださいませ。

 

皆様のおかえりを心よりお待ちしております。